ペアーズ体験談(ド淫乱OL編)信じなくても良いでもガチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Couple having sex in silk sheet

今回はド淫乱編です!そして、管理人のキャラ設定はド変態編です。
ここで、今回生まれた仮説を先にお伝えすると「ド変態になると相手もド変態になる」です。
今回はド変態を引き当てたのではなく、ド変態に管理人がしたのではないかと思っております。


ペアーズ体験談:27歳ド淫乱OL Hちゃん

Hちゃんはペアーズの写真で水着姿を披露しておりました。ここからしても、少し淫乱臭はしますね。
水着姿の写真をアップしている子にはとりあえずイイネを送るという管理人のルールに乗っ取り速攻でイイネを送りました。
すると、秒速でマッチングしました。 この、マッチングのスピードが意味することは「Hちゃんはペアーズを常に使っている」=「セクロスのハードルが低い」これは完全に管理人の妄想なので、確証は全くないです。

マッチングして早速メッセージ交換しようと思ったら、なんと!向こうからメッセージがきました。

「いいねありがとう~♪Hです!よろしくね!」
「こちらこそ!職業は何してるの??」
「都内でOLしてるよ!○○君は?」

まあ、可もなく不可もなくみたいなコミュニケーションですね。しかも、最初のメッセージがため口の人は基本的には抱ける子が多いと思います。

その後無事LINEに移行しました。ここからが、ド淫乱OLの登場です!

ド淫乱OL発情期

LINEに移行してから、今回の設定キャラであるド変態キャラを全面に出してやりました。
ここは、ブロック覚悟の背水の陣です!!
ちなみに、LINEはこんな感じです! 管理人の覚悟が見れると思います。

「Hちゃんいきなりなんだけど、エロい??」
「え、なに、いきなり(笑)エロイ方だと思うよ ○○君は?」
「めっちゃエロいよ!今我慢汁出てるもん」
「え~~うける~~~!!」
「Hになめとってほしいわ」
「やだ♡」
「じゃあ、おれがHのを舐めとる」
「えーー、あたし胸のが感じる♪」
「両方攻めたるわ!」
「しょうがないなあ♡」

やばいですよね!これまではふつうの会話をしてる子だったんですよ!
それが、管理人が変態開示した瞬間これですよ!スイッチ押しちゃったパターンのですね!
その後変態度合はどんどん上がる!!

変態スイッチオン!!

imasia_8319337_M

「Hをめちゃくちゃにしたい」
「していいよ!あたし結構せめるよ♪」
「いいよ!攻め合いなら負けない、潮吹かせてやる」
「お口にださせてあげる」
「じゃあとりあえず、明日夜ホテルいくぞ!」
「急に~、でも休憩ならいいよ!」

はい、かちーーー!!!! すげーーこいつすげーー!!

正直、ここまでうまくいくとは思ってなかったです。これで、普段はふつうに働いているOLですからね!興奮しまくりです!

最高の3時間でした、はい、

いざ、対面です!
ちなみに、容姿は本当にふつうのOLといった感じで、黒上のロングストレートでしたね。
こんな子がそんなにエロいのかと思うとびっくりです。
初めましての挨拶をして、まあホテルに向かうという若干気まずい雰囲気はありましたね。
しかし、本性は見えています!こいつはド変態だ!!

ホテルについた瞬間に抱き付いてやりました。すると、向こうも待ってましたと言わんばかりに管理人の股間を触り始めました。会話はこんな感じ

「本当変態だね~!!」
「フフ、おっぱい触って」
「いいよ、口でしてよ」
「まだ、焦らして我慢汁舐めたい。我慢汁好きなんだよね」
「いっぱい出してあげるよ」
「いっぱい出して」

Excited man in orange cheering on white background

この会話夢男性諸君の夢ですよね!本当に夢みたいな会話ですよね。
その後はもうずっとHちゃんとHしてました!
欲求不満だったとかで、ものすごく興奮してましたね。騎乗位がやばかったです!腰の動きがとにかく早くて、悶絶してました!

最高の一日でした!

ペアーズ最高!!

この出会いほどペアーズ使っててよかったなと思ったことはないですね。

Hちゃんとは後日3回くらい会って今は音信不通です。
いまもどこかでチョメチョメしてるんでしょうかね?

Pairs(ペアーズ)はこちら

定額制の出会い系では日本最大の会員数を誇るマッチングサービス!
金額も安く、初めて遊ぶには一番おすすめ! Pairs(ペアーズ)公式サイトへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>